あの熱々サウナの誕生秘話!皆大好き厚木健康センターの裏側大公開♡

熱々のサウナに、8種類のお風呂、外気浴スペースもしっかりあってご飯も美味しい…
サウナ好きにとっては天国のような「湯乃泉東名厚木健康センター」さん。
大ファンの方も多いのではないでしょうか?

でも大好きなサウナも、良くいくサウナも、実はそのサウナの歴史や誕生秘話、お店の裏側って知らなかったりしますよね。
今回は、湯乃泉東名厚木健康センターさんに「意外と知らなかった!」という裏話を伺ってきました!

視点を変えると、いつものサウナがまた一層愛おしく感じられるかも。
ぜひご覧ください♪

今回お話をお伺いしたのは…
■湯乃泉東名厚木健康センター 副支配人 遠藤様(ロウリュウ姉妹としても活躍中!)

サウナ好きのお客様が増えたのはいつから?

湯乃泉グループは、1980年に湯治体験ができる日本で初めての「健康センター」として創業しました。
相模店(現在は閉店)のオープン後、草加、厚木と店舗が増えていますが、当時は「健康センター」の名前の通り、地元のご家族やご年配の方が多くいらっしゃる場所というイメージだったと思います。

2〜3年前頃から徐々にサウナ好きの方の来店が増え、今では全体の20〜30%はサウナーさんです!
女性の利用は全体の30%くらい。
とはいえ厚木健康センターの施設は男女平等を意識しているので、女湯側のサウナも男湯と同じくかなり広めに造られています。

トレードマーク「ラッコ」の由来は?

これは本当によく聞かれるのですが、創業者もわからないらしいです(笑)。
オスなのかメスなのか、名前はなんなのか…誰も知りません。
でもラッコが緑色って…かなり特徴的ですよね(笑)。

実は私の入社したきっかけもこのラッコでした。
当時ふらふらと犬の散歩中だったのですが、この光るラッコに吸い込まれるように導かれて、
気づけばお店に入り、「ここで働かせてください!」と言っていました!(笑)
もちろん、散歩に出かけた時には、仕事を探そうとか、面接に行こうなんて気は全くありません。
嘘のような本当の話ですが、気づけば「じゃあ明日から来てね」と採用が決まり、そして気づけば今や厚木で副支配人をさせていただいているという…。
ラッコには不思議な力があるのかもしれません。

熱々サウナの誕生秘話。昔はもう少しマイルドな温度だった!?

現在のサウナは98度と温度が高めの設定なのですが、昔は80度に達しないくらいの、マイルドな温度設定でした。
でも初期の頃からお世話になっている女性サウナーさん達からは、もっとサウナの温度を上げてほしいという要望もあり、皆さんの声をもとに、上司に女湯のサウナの設定温度を上げることを提案したんです。

もちろん初めは「女性はそんなの求めてないのでは?」という声も多くありました。
でも、私たちは今までもずっとお客様と一緒に施設をつくってきていたので、「やってみて、ダメなら戻そう」と許可がおり、現在の98度の設定をすることになりました。
で、めでたしめでたし…ではないんですよ(笑)。

東名厚木健康センターは、お子さまからご高齢の方まで、幅広い年齢層の方にご利用いただいているので、ご高齢の常連さまからしたら、急にサウナが熱々になってしまったので、「殺す気か!!!(笑)」なんて言われたこともありましたし、反対の声も一部でありました。

それでもやっぱり、お客様に喜んでいただける場所をつくりたくて、お客様の声を積極的に聞き、密にコミュニケーションを取るようにしていました。
その甲斐あってか、今では「ここに入ったら他のところには行けない。」と言ってくださったり、70代の方が自分で作ったサウナハットを被っていたり。
最初は反対していた常連さまも、今では逆に応援していただいていて…。
皆さんが気持ち良さそうにサウナに入っている姿を見ると、本当に良かったと思います。

5階建てを駆け巡る!?サウナの仕事の裏側!

東名厚木健康センターでは所属しているスタッフが100名弱。時間帯や曜日にもよりますが、1日10名前後で運営しています。
なので、スタッフは基本的にオールラウンダー。
受付にいたと思えば、サウナ室のマットを交換していたり、5階建ての施設内を駆け巡ります!

食事処もあるので、厨房の中など普段皆さんにはお会いしないスタッフも多くいますが、裏側の人の方が実は出たがりでお茶目だったりします♪
年齢問わずとにかく皆仲が良くて、大家族みたいな、実家のような感覚です。
上司も色々任せてくれる社風なので、やりたいことをどんどんチャレンジできる環境です。

厚木の魅力はなんといっても家族感♡20年以上続くスタッフも!

とっても優しい厨房のスタッフさん。ここであのトマト酸辣湯麺が作られてるんですね♡

東名厚木健康センターの魅力は、なんと言ってもアットホームな雰囲気ではないでしょうか。
常連さんは顔を見れば名前を呼んで声をかけてくださいますし、私たちのために手紙付きでお弁当を作ってきてくれるお母さんのようなスタッフさんがいたり、初めての方に常連さんが色々教えていたり…
どこを切り取ってもあたたかい空間だなぁと感じます。

20年以上続くスタッフさんがいたり、創業の相模店の頃から来てくださるお客様がいたり、長く愛されているその時間の積み重ねが、今の厚木の雰囲気をつくっているんだと思います。

昔は若い人からしたら古いとかダサいというイメージもあったかもしれませんが、今では逆にその昔ながらの雰囲気がいいと言っていただけるのは嬉しいですね。

人気メニューのトマト酸辣湯麺!他にも美味しいメニューがたくさんあるので、ぜひ色々食べてみてください!

ヒットのきっかけはお客様の声

いつも常連のお客様が声をかけてくださいます♪

こうして日々たくさんのお客様にご来店いただけるのは、本当にお客様のお陰なんです。
口コミでオススメしていただけるのはもちろん、もっとこうだったらいいのになというお客様の声があったからこそ、今の厚木のサウナがあると思っています。

私たちは「お客様の声をすぐに改善していく」ことをとても大切にしています。
昔から来ていただている方はお気づきかもしれませんが、最近も露天風呂スペースにととのい椅子が増えていたり、足湯を設置してみたり、お客様の声を元に細かなアップデートを繰り返しているところです。まさにお客様と共につくりあげています。

ぜひ今後もお気づきの点があれば、スタッフまでお申し付けください。
皆さんにとって過ごしやすい環境を一緒につくっていけたらと思います!

露天の外気浴スペースは実際のお客様の声を元に試行錯誤中です!(ロウリュウ姉妹Twitterより)

【編集後記】
湯乃泉東名厚木健康センター の皆様、この度は取材のご協力ありがとうございました!
お話を伺っていたら、居合わせた他のスタッフさんも気さくにお話ししてくださったり、フロアの撮影をしていたら、常連さんもお話してくださったりと、本当にあたたかさを感じました。
常連さんたちの声がなかったら、あの熱々サウナは生まれてなかったのかも?と思うと、お客様と一緒につくる施設って本当に素敵だなぁと思います。
外気浴スペースも十分に整っている女性サウナはなかなか少ないので、まだ健康センターデビューしていない方は、ぜひ体験してみてくださいね!

店舗概要(期間限定でSauna meets Girlのステッカー設置予定♪)

■湯乃泉東名厚木健康センター
http://www.yunoizumi.com/atsugi/
神奈川県厚木市岡田3-17-10

営業時間:10:00~翌朝9:00(入浴時間:10:00~2:00/5:00~7:30)
(深夜2時以降はサウナがすいているので狙い目!)

薬湯や、露天の草津温泉、炭酸泉、塩サウナなど、たくさんの種類のお風呂が楽しめますよ!
期間限定でSauna meets Girlのステッカーを置いていただけることになりましたので、
ぜひ見かけた方はGetしてください♪

皆さんの口コミはこちら
サウナイキタイ:https://sauna-ikitai.com/saunas/4355

ロウリュウ姉妹のTwitterはこちら
https://twitter.com/yunoizumisauna?s=20

採用情報はこちら
http://www.yunoizumi.com/%E6%8E%A1%E7%94%A8%E6%83%85%E5%A0%B1/

この記事を書いた人

Miki

湘南在住。サウナとサーフィンが趣味のサウファー。テントサウナのレンタルサービス「Shonan Beach Sauna」を運営。